サイトメニュー

注射一本で理想の小顔に

看護師

医師の技術力に着目しよう

エラ骨を削ることなく小顔になれるのがボトックス注射で、咬筋を適度に抑えることによってフェイスラインをスリムにします。10〜15分程度の施術で対応でき、メスを使用することは一切ないので非常に気楽です。ボトックスはアラガン社製を使用するのが一般的で、アメリカのFDAや厚生労働省から認可されている安全な薬剤です。咬筋の作用を抑制する働きがあり、筋肉に注入するだけでほどよく萎縮させられます。咬筋が過度に発達すると想像以上に厚みを持つようになり、ここを減退させることで別人と思えるくらいに顔を小さくできます。骨を削ったほうが効果的と感じるかもしれませんが、削れる量は意外と少ないので小顔効果はそれほど期待できないケースが少なくありません。骨が過度に発達している方は骨削りが効果的ですが、ほとんどの方はボトックス注射で納得いくレベルまでエラを小さくできる現実があります。ボトックス注射と言えばしわ解消、わきが対策などに幅広く使用されていますが、近年は顔痩せに活用されることが増えてきました。顔が大きくても健康を害することは一切ありませんが、美容には大きく影響してきます。世間一般的に顔が小さいほうが美しく見えると言われており、モデルさんを見ると総じて小顔になっています。顔が大きいとスタイルとのバランス調和が取れにくく、脚も短く見えてしまう傾向があるわけです。何より顔は隠すことができませんし、化粧をして小顔になることはできません。ボトックス注射なら咬筋発達によるエラ張りを低料金で解消できますし、最近の注射は極細針が使用されているので痛みも最小限に抑えられています。プチ整形として人気のボトックス注射ですが、正真正銘の医療行為であることに違いはありません。美容整形全般に言えることですが、保険外の治療は総じて医師の技術力の差が顕著に出てしまいます。ボトックス施術は世間一般的に考えられているよりも、ずっと繊細で難易度が高い施術です。それゆえ施術を受けるときはボトックスの認定医が在籍するクリニックを選ぶこと、勉強会・研修会参加などに積極的な医師が在籍すること、などをポイントに選んでください。輪郭デザイン技術に優れた医師なら、理想のフェイスラインを実現してくれるでしょう。注射量や部位が適切でないと十分な効果を期待できず、失敗する確率が高くなります。痛みやダウンタイムなどにも差が生じてくるので、経験豊富な医師に施術を依頼してください。施術前にはマーキングや消毒などをしますが、痛みに対して理解があるかどうかもポイントです。注射の痛みは以前より軽減していますが、古い治療法を行っているクリニックだと痛みを強く感じることがあります。痛みを抑えるためには注射針が細いほど有利になりますが、ほかにも麻酔シートやクリームを導入していることも重要です。エラ張り解消効果の持続期間は3〜6ヶ月程度ですが、急激に効果がなくなるわけではありません。時間をかけて少しずつ咬筋が元に戻っていくので、エラが再び大きくなってきたと感じたときが再注射のタイミングとなります。人によっては6〜12ヶ月くらい効果が持続してくれるケースがありますし、繰り返し注射することで持続期間が延びることも少なくありません。

小顔を手に入れる施術とは

鏡を見る女性

エラ張りをメスなしで改善することが出来るのがボトックス注射です。エラ張りの原因には骨が原因である場合と脂肪が付いている場合、最後に筋肉が原因である場合があります。ボトックス注射は筋肉が原因のエラ張りに効果的なので、気になる人におすすめです。

詳しく見る

フェイスラインを整えよう

注射器

ボトックスをエラに注入すると顎の張りをきれいに整えることが可能です。注射を使って注入するので痛みはほとんどなく、ダウンタイムもありません。有効成分が筋肉を萎縮することにより、理想のフェイスラインに仕上げることができます。

詳しく見る

カウンセリングが重要

カウンセリング

ボトックスエラは施術自体は簡単ですが、事前のカウンセリングではしっかりと時間をかけて自分の希望や不安を伝えておくことが大切です。またクリニック選びをする時には口コミの評価も参考にして対応がよいクリニックを選ぶようにしましょう。

詳しく見る

人気記事

カウンセリング

カウンセリングが重要

ボトックスエラは施術自体は簡単ですが、事前のカウンセリングではしっかりと時間をかけて自分の希望や不安を伝えておくことが大切です。またクリニック選びをする時には口コミの評価も参考にして対応がよいクリニックを選ぶようにしましょう。